FC2ブログ
プロフィール

さりた

Author:さりた
はじめまして!
「魔術士オーフェン」大好きです。
オーフェン、その他マンガ、ゲーム
などの感想を気ままに書いていきたいと思います。

リンクフリーです。
何かありましたらこちらへどうぞ。
kabosu4★hotmail.com
(★を@にかえてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「しゃべる無謀編1」感想

無謀編は文庫持ってるし買わなくていいかな~と思っていたのですが、プレ・オーフェンの書き下ろしとドラマCDの「フィンランディ家の日常」に惹かれて結局買っちゃいました。

無謀編自体は文庫で読んでいましたが、今回はドラマガ掲載時のイラストもすべて収録されているので、たくさんイラストがあってそこも見所ですね!

ドラマCD化については賛否両論あるだろうけど、個人的にはどんな形であれフィンランディ家の日常がかいま見られれば満足です!(秋田先生もシナリオチェックはされてるだろうし)

今から(4部時)から思うと、無謀編って極貧でもオーフェンが自由に生き生きと(?)生活してた時代だから、人生の中で一番平穏だった日々なんですねー。

以下、書き下ろし部分についてちょこっと感想です。
スポンサーサイト

『約束の地で』感想

内容をちゃんと理解するために新章読み直し中です。
とりあえず『約束の地で』読み終わったので、思ったことを少し書いてみました。
偏った内容になってますので、それでもOK!という方はお読みください。

ちょっと思ったこと

「約束の地で」読み返したから感想書こうと思ったんですが、オークリについて先に。

何が気にかかるかって、新刊での二人の会話。
もちろん、夫婦の会話があって嬉しい!わかりあってて嬉しい!
ってのはあるんですが、第2部までのくだらないことでぎゃんぎゃんけんかしてた2人も懐かしいなーと。
落ち着いた2人が嬉しいような寂しいような。
まあ、あの場面で昔みたくけんかしてたら、それはそれで問題なんですが。


あと「君」って呼び方。
最初読んだときは、やっぱり夫婦になると呼び方変わるんだ~vv
と喜んでいたんですが、よく考えると「お前」の方が親密度が高い気がするな~と。
もちろん1人の女性として見てるから「君」ってよんでるんだろうけど、個人的には「お前」って呼んでほしい!
むしろ二人っきりの時はそう呼んでください!

だから何だって話ですが、新章になってからオーフェンさん気が休まるときがないから
たまにはいろんなしがらみ忘れて、クリーオウとじゃれてたら気分転換に癒されるんじゃないかな~と。
むしろ私が見て癒されたいです!
そして今の落ち着いたクリーオウも好きだけど、むかしの破天荒なクリーオウも好きなので
待ってるだけじゃなくて、もっとクリーオウにも動いてほしい!
オーフェンが思考停止に陥っちゃったとき、クリーオウに打破してほしい!

何だかよくわからなくてすいません。
とりあえずオークリが幸せに暮らしていけることを願ってます。

CMからふと・・・

前に東京ガスのラジオCMで、夕飯前にちょっとしたことでけんかしたカップルの男の方が一晩町をさまよって、頭冷やして明け方帰ってくると、家には明かりがついていて、彼女がご飯食べないで待ってて、二人でみそ汁を温めて食べる・・・ってのを聞いたけど、これってオークリでもいけそうだな~とふと思ってみたり。

開拓初期はそんな余裕はないだろうから、校長になった頃くらい?
ただ、はぐれ旅の頃ならともかく、この頃のオーフェンが家出て行っちゃうくらいのけんかの理由が思いつかないな~。
それにローグタウンで一晩ウロウロするのも無理があるし、湖に行ってもしょうがないし。

あ!でもマジクの家に押しかけてっていろいろグチるのはアリだと思います!
マジクに(・・・またか)とか思われつつ、いろいろ話して帰るとクリーオウが待っててくれて。

でも改めて見ると結構ベタな話になっちゃいますね・・・。
ラジオ聞いたときはいいと思ったんですけど、よくある話でしたね。

オーフェンの魔王術について

オーフェンが失うことに意味を感じていないって話し。

どうしても考えちゃってぐるぐるしてるので、ちょっと自分用に整理。

まず、「失うことに意味を感じてない」ことだけど、確かにそうかもしれないけど
それと「損なわれてもいい」ということはイコールではないでしょう。
確かに故郷も家族も捨ててきたオーフェンだけど、決してそれらが傷つくのはよしとしなかったはず。
だから、見捨てる、とか、どうでもいいと思ってる訳じゃないと思う。

ただそれよりももっと大切なものがあれば、手放すことにためらいはないってことなのかなぁ。
他の人も大切なもののために他を切り捨てることはあるだろうけど、オーフェンはそれを
ためらいとか後悔とかせずにできちゃうってこと?
魔王の力を持ってるから、それをつきつめていくと、世界にいることに執着しなくなって
ウォーカーになっちゃうってこと?
クリーオウが恐れていることもそういうこと?

う~ん、やっぱりよくわかりません!
ただオーフェンが手放すことにためらいがないんだとしたら、「終端」で追いかけてった
クリーオウのように周りの人がオーフェンを捕まえてあげないとダメな気がする。

とにかく、フィンランディ一家には誰も死んでほしくないし、みんなそろって平和に暮らせる
日がくることを願ってやみません!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。